IMG_4053

 

2016年9月1日

 

こんにちは!!

メモリアルきゅあら 佐藤さやかです。

 

今日から9月になりましたね。

だいぶ夜は冷え込む日も増えてきましたので、皆さん体調管理だけはしっかり、気を付けて下さいね!!

 

そして今日は新月だそうです!

新月はお月さまにお願い事をするといいそうですよー!

皆さん、願い事はありますか?

私はたくさんあります!!

一つ一つ願いが叶うといいなと、日々努力しています!!

皆さんの願いも叶いますように☆

 

 

それでは本日は「メモリアルきゅあら」名前の由来を書きたいと思います。

 

全然葬儀屋らしくない名前、そして想像もできないですよね。

なんでこの名前なの?

意味は?

 

本当によく聞かれます。

真っ先に聞かれます。

きっとご覧になった方々もそう思ってると思います。

 

それでは、、、メモリアルきゅあら→

 

英語で「cure」には、治すや癒す、救済法、解決法、問題を解決するという意味があります。

「cure  all]にすると万能薬という意味をもちます。

「lull」には気持ちを和らげたり、安心させるという意味があります。

 

「cure  lull」この単語を併せ、「きゅあら」と名付けました。

 

突然の別れで、悲しみに包まれているご遺族様のお気持ちを理解し、故人様には安らかな眠りについてもらえますよう、そしてご遺族様には安心してゆっくりと最後のお見送りをしていただけるよう、必要な時にお側にいる存在としてサポートさせて頂きます。

ご遺族様の悲しみを少しでも癒すことができ、新たな明日へと向かうことができますように我々スタッフも前向きな姿勢で最高のセレモニーのお手伝いをさせていただきます。

 

葬儀というのは常にあっては困る事ですが、人は誰しもが必ず最後の日を迎えます。

葬儀が終わった後も、やらなくてはいけないことがたくさんんあります。

そんな時に、葬儀から葬儀後まで、必要な用途に合わせてサポートしていく、万能薬のような存在でありたいと思っております。

そして一区切りがつき、日常に戻ると薬箱にしまわれる。

また必要があれば薬箱から出て、全力でサポートしていく。

 

亡くなったご家族の万能薬。

 

葬儀屋はそれくらいがちょうどいいのではないかなと思っております。

 

私は、ずっとこの仕事をしたかったので、色々な想いがあり名前を決めるのも本当に苦労しました。

ただ、前に勤めていた葬儀社にいる時から自分の中で変わらないのは、葬儀ではなくて想儀でした。

私は想儀の仕事がしたくてこの世界に入ったのです。

 

「想」という字は相手を想う心と書きます。

 

一般的な葬る儀式から、想いを伝える儀式として。

ご遺族様が後悔しない、納得のいく最後のお見送りのお手伝いをさせて頂きたい。

相手を想いやる心、そして今のこの気持ちをいつまでも忘れずに日々精進して参りたいと思っております。

 

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!

 

今日もたくさんの方が笑顔で楽しく過ごせますように…☆彡

 

感謝。

 

メモリアルきゅあら

  代表 佐藤さやか

 

ホームページ

http://curelull.com