IMG_4053

 

2016年9月8日

 

 

こんにちは!!

 

だんだんと寒くなってきて、右の膝が痛い、、

メモリアルきゅあら 佐藤さやかです。

 

膝の痛みに負けず、今日も元気に行きましょう!!

 

 

今日は、最近よく耳にする「生前相談」についてお話ししたいと思います。

 

 

以前は「生前相談なんて縁起でもない」とお考えの方が多かったと思います。

 

しかし今では「終活」という言葉が各メディアで紹介されるようになり、生前相談の件数は年々増え続けています。

 

生前相談のメリットとして「葬儀費用を前もって知ることができる」「信頼できる葬儀屋さんかどうか見極める事ができる」「葬儀に関する希望を伝える事ができる」

なぜ?

どうゆうこと?

 

知らなければ損をする「生前相談」詳しくはこちらへどうぞ→

http://curelull.com

 

実際に私もお友達に聞いてみました。

 

その方も会社をされていますが、お父様も会社を経営されています。

 

社葬でするのか、一般葬でするのか、家族葬でするのか。

 

社葬ではしないけど、近い方を呼んでの一般葬かな~というお返事でした。

 

では、その近い方とは?どこまで?

交友関係は広かったのか、そうでもなかったのか?

だいたい何人くらい来そうなのか?

 

突然そう言われてもわからないな…

 

はい、そうなんです。

 

なんとなくわかっていても、実際詳しいところまでわからない方の方が多いんです。

でも実際、葬儀の打ち合わせでここも聞かれますし、遺族さんが一番困る所なんですよね。

 

来るだろうと予測する人数に合わせて式場の大きさを選びます。

お香典返しの数もそこから予測します。

受付・会計もそれに合わせて入れないと対応しきれません。

 

そんなの葬儀屋さんで対応すればいいのでは?

 

予想よりも多かった時は、もちろんお手伝いにも入りますし何がなんでも滞りなく終わらせます。

 

しかし、来ると思っていて少なかったというケースも少なくはありません。

 

大きめの式場に、大きな祭壇。

椅子はたくさん用意してあるのに座ってる方は少なく、受付にはたくさん並べられたお香典返しと人。

 

何が言いたいかと言いますと、式場も大きくなれば式場費も高くなります。

祭壇も大きくすればもちろん高くなります。

受付・会計の人も頼めばお金がかかります。

お料理なんかは足りないと困るし、余っても返品もできませんし食べるにも限界があります。

 

逆に、うちは小さく家族葬で…と言ってた場合でも、人から人へと知れ渡り、予想以上に来てしまい式場にも入れない位溢れてしまうという事もあります。

このような場合では、お香典返しの追加、はがきの印刷等で、来ていただいた会葬の方へご迷惑をおかけする場合もあります。

来て頂いた方が式場に入れず、廊下に椅子を置き座る場合や、椅子が足りない時は立って頂くこともあります。

 

多かった時も、少なかった時も、出来ることなら最小限に済ませたいところですよね。

 

この辺りは、生前から色々とご家族でお話しをしていたら少しは解消される所だと思います。

 

でもうちにはまだ誰も亡くなりそうな人はいなくて…

大体の方はそう答えますが、だからこそ元気なうちに終活の話等をきっかけにご家族で色々とお話しをして頂きたいと思います。

 

余命宣告された方や、病気になってから…葬儀のお話しできますか…?

 

病気ではなくても、不慮の事故等も無きにしも非ずですが。。。

 

昨日は元気でした。今日も元気です。

でも明日は、誰にもわからないんです。

 

こうしてブログを書いている私自身も明日はわからないんです。

 

何かがあった時、困るのは自分ではなく、ご家族の方だという事を忘れないで下さい。

 

そして、自分が葬儀をあげる立場になった時の事を一度考えてみて下さい。

使う斎場、式場の大きさ、祭壇、棺、香典返し、料理、引出物、バス、遠方に親族がいる場合何人くらい来て何人位が泊まるのか…等々。

決めなくてはいけない事がたくさんあります。

そしていくらかかるのだろう…と。

 

最愛のご家族を亡くした直後にこのようなお話をしてまともに考えられる方の方が少ないかと思われます。

 

後悔しない、納得のいく御葬儀のために。

 

ゆったりとした暖かい気持ちでたくさんのありがとうを伝えませんか?

 

私自身も、18歳の時に父の葬儀の経験をしており、大変な思いをしましたが、ただただ慌ただしく忙しく。

どんな祭壇だったのか、父が最後どんな顔をしていたのかすらも、何も覚えておりません。

 

なので私は、元気なうちにご家族で色々お話しをして、少しでもゆっくりと最後のお別れをして頂けるように、生前相談・生前見積もりをお勧めしています。

 

いざという時の「不安」を「備え」にかえる、お金のかからない保険のような感覚で、大切なご家族のために生前見積もりを作っておいて頂けたらと思います。

 

生前の相談・見積もりは何度でも無料です。

ご依頼を頂いても、しつこい勧誘や営業は致しませんので安心してお気軽にお問合せ下さい。

 

今日もブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

今日もたくさんの方が笑顔で楽しく過ごせますように…☆彡

 

 

感謝。

 

メモリアルきゅあら

 代表 佐藤さやか

ホームページ

http://curelull.com